第1種電気工事士試験科目

第1種電気工事士試験科目



○筆記試験

  次に掲げる内容についてマークシート方式による四肢択一方式。
  • (1)電気に関する基礎理論
  • (2)配電理論及び配線設計
  • (3)電気応用
  • (4)電気機器・蓄電池・配線器具・電気工事用の材料及び工具並びに受電設備
  • (5)電気工事の施工方法
  • (6)自家用電気工作物の検査方法
  • (7)配線図
  • (8)発電施設・送電施設及び変電施設の基礎的な構造及び特性
  • (9)一般用電気工作物及び自家用電気工作物の保安に関する法令

※筆記試験の免除について
  ・前回の第1種電気工事士筆記試験に合格した者
  ・第1種、第2種、第3種電気主任技術者免状の交付を受けているもの
  ・旧電気事業主任技術者資格検定規則による電気事業主任技術者の資格を有する者


○技能試験

  筆記試験の合格者と筆記試験免除者に対して、次に掲げる事項のうちから、
  持参した作業用工具により、配線図で与えられた問題を支給される材料で、
  一定時間内に完成させる方法で行います。

  • (1)電線の接続
  • (2)配線工事
  • (3)電気機器・蓄電池及び配線器具の設置
  • (4)電気機器・蓄電池・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
  • (5)コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
  • (6)接地工事
  • (7)電流・電圧・電力及び電気抵抗の測定
  • (8)自家用電気工作物の検査
  • (9)自家用電気工作物の操作及び故障箇所の修理

詳しくは、一般財団法人電気技術者試験センターのHPを確認ください。

 

  提供:電気工事士集会所